iPhone

iPhoneの位置偽装など 【iOS10】

投稿日:

そう言えば、今日からFGOの劇場来場者特貰えますね。

私の家の近くの映画館では残念なことに行っていないようで、許すまじ…。

ところでFGOの公式サイトに【重要】端末情報・位置情報偽装によるアカウント利用停止措置についてというのがありましたが…。

…よし、やるか……。

これより記載する内容を実行し、今までの諭吉さんがなかったことになったとしても当方責任は取れないため、そのつもりでお願いします。

尚、タイトルに示す通りiOS10までであり、11では出来ません。

また、10.3.Xでは出来るという声と出来ないという声があるので試した方は報告お願いいたします。

まずはじめに、iPhoneのバックアップを暗号化、のチェックを外してバックアップを取ってください。

続いて、iBackupBotをダウンロードし、インストール、そして起動してください。

起動し、読み込みが終わると、左上の窓にバックアップ一覧が表示されるので、先程バックアップしたモノを選択してください。

すると、左上の窓にフォルダが開かれるのでUser App Filesを選択、右側の大きい窓で、com.apple.Mapsをダブルクリック、Library→Preferencesと進み、com.apple.Maps.plistをダブルクリック、もしくは上のOpenボタンで開いてください。

すると、下の画像のようなポップアップが出るので、Cancelを押してください。

ファイルが開いたら、<dict>の次の行に

<key>__internal__PlaceCardLocationSimulation</key>
<true/>

をコピーして追記してください。

抜粋画像ですが、下のような感じで追記してください。

書き加えたら、保存し、上のボタン一覧よりバックアップをリストアしてください。

※iBackupBotには個別Restoreの機能がありますが、iOS10では機能しない模様…?
私の環境ではエラーを吐いて利用不可でしたので、試してみて出来なかったら全て復元と言った感じでいいかもしれません。

本体再起動後、純正のマップアプリで偽装したいところを選択すると、下の方に偽装するためのボタンが現れます。

Sponsored Link

-iPhone

執筆者:


  1. ユーザー より:

    10.3.3以降の環境からは変更することができませんので要注意です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Loading...



その時その時書こうと思ったものを書いていきます。
yahooブログから始まりFC2を経て今ここです。
皆様の興味がそそる内容は少ないかもしれませんが、よろしくお願いします。