PS3

CFW導入済みPS3をDEX化する

更新日:

PS3をDEX化する方法を記載しておきます。

因みにDEX化とはなんぞ?と思ってる方はやらなくて問題ない作業です。

あ、DEX化するには勿論CFW導入済みの本体が必要です。

Rebugを導入してから手順を行なってください。

私が数年前に書いたものなのですが、コメントよりこの手順で問題ないと確認していただいたため、掲載します。

手順

【1】Rebug Toolboxをここからダウンロードし、USBメモリにコピーする。

【2】ps3にUSBメモリを差し込み、XMB⇒ゲーム⇒パッケージマネージャー⇒パッケージファイルをインストールする、よりRebug Toolboxをインストールする。

【3】Rebug Toolboxを起動し、一番右の項目のUtilitieにある、Dump eid root keyを実行する。

【4】終わると再起動するので、もう一度起動し、DEX/CEX項目のRewrite Target ID in Flashを実行する。

【5】ps3を再起動したら、続けてDEX/CEX項目のSwap LV2 Kernelを実行する。

Rebug ToolboxのSystem InformationよりCEXかDEXかを確認できます。

その後

PSN Patchをダウンロードし、インストールしておくこと。

【1】Rebug Toolboxを起動しUtilitie項目のChange Active PS3IDを選択し(CEX)を選択する。
【2】続けてPSN Patchを起動して×を押す。(BAN回避)

※BAN回避は色々言われており、この方法は役に立たないと書いてあるところもありますが、私はこの方法で十分だと考えています。

但し、自己責任でお願いいたします。

※改造された本体はオンラインに接続すること自体が罪に問われることも十分ありえます。その為、ブログ管理人としては接続しないことをオススメします。

-PS3

Copyright© 虚無空間 , 2018 All Rights Reserved.