3ds

[3DS] Seedminer登場

更新日:

EOL IS LOL

というわけで、EoL以前の全ての3DSに対する脆弱性が見つかりました。

今回はSeedminer、DISについて解説をしたいと思います。

用意するもの

  • ここに載っているゲームを持っている事(なかったら購入)

準備

DSiWareのダンプ

  1. 3DSの電源を入れる
  2. 本体設定を開き、データ管理、DSiWareと進む
  3. 本体保存メモリから、ターゲットになるゲームを押し、SDカードにコピーする
  4. 本体設定を閉じ、3DSの電源を切る

ID0とdsiware.binの取得

  1. 3DSの電源を切る(もし入っていたら)
  2. SDカードをPCに入れる
  3. Nintendo 3DSフォルダを開く
  4. 32個の英数字が並んでいるフォルダが一個またはいくつか見える。
  5. もし一つだけだったら12に進む
  6. 一つ上に戻る
  7. Nintendo 3DSのフォルダをNintendo BACKUPに名前を変更する
  8. SDカードを3DSに差し込む
  9. 起動するまでしばらく待つ
  10. ホームメニューが見えたら電源を切り、PCにSDカードを差し込む
  11. Nintendo 3DSフォルダを開く
  12. 32個の英数字のフォルダが一つだけ見えるはず、その英数字がID0なのでそれをメモ書きしておく。
    • ステップ6-11をやったなら、Nintendo 3DSフォルダを削除し、"Nintendo BACKUP"フォルダの名前を"Nintendo 3DS"に戻す
  13. ID0/32個の英数字のフォルダ/"Nintendo DSiWare"と進む
  14. "購入したDSiWareのID".binをデスクトップまたは覚えやすい場所にコピーする。

以下は分岐です。自分に合っているコースを選んでください

いいGPUを持っていてHBLアクセス(ARM11)がある友人がいる人

movable_part1.sedの入手
  1. HBLアクセスがある友人とフレンドコードを交換し合う。
  2. 友人にSeedminerをダウンロードしてもらい、seedStarterをインストールするか3dsxを実行してもらう。
    • もし友人がユーザーランドのHBLしかない場合、実行してもエラーが起きる可能性があります。Seedminerのreadme.txtを読んでみてください。
  3. 友人に以下の事をやらせてください
    1. Bボタンを押し、LFCSをダンプする。
    2. 3DSの電源を切り、SDカードをPCに入れる
    3. seedstarter/LFCSとフォルダを開き、"*_part1.sed"(*はフレンドコードが入る)を送信してもらう。
  4. movable_part1.sedに名前を変更する
Pythonの確認
  1. コマンドプロンプトを開く(Win+Rキーでファイル名を指定して実行を開きcmdと入れEnter)。
  2. コマンドプロンプトに"py -3 --version"と入れてEnterを押す。
    • もし"Python 3.x.x"と帰ってきたらPython 3がインストールされてます
    • もし何かエラーがでたらPython2またはPythonが入ってません。
      • python.orgに行き、一番最新のPython 3をダウンロード、インストールし、もう一回このステップを実行し、インストールされたかどうか確認する。
SeedMinerのダウンロードとID0の追加
  1. Seedminerの最新バージョンをダウンロードし、解凍する。
  2. "movable_part1.sed"を"seedminer"フォルダに移動する("seedminer_launcher3.py"があるフォルダ)
  3. seedminerフォルダを開き、Shift+右クリックから"Powershellをここに開く"または"コマンドプロンプトをここに開く"をクリックする。
  4. "py -3 seedminer_launcher3.py update-db"を打ち込み実行する
  5. 処理が終わったら"py -3 seedminer_launcher3.py id0 <ここにID0を入れる>"と打ち込み実行する。
  6. 終わったら、以下のコマンドを実行する。
    • GPU: "py -3 seedminer_launcher3.py gpu" (おすすめ)
    • CPU: "py -3 seedminer_launcher3.py cpu" (おすすめしない)
  7. マイニングが終了したら"movable.sed"がフォルダに生成される。

HBL/B9Sアクセスがない(友人にも)人で誰かに助けてもらいたい人

以下は分岐です

  • いいGPUを持っている
    • このサイトを開き、フレンドコードとID0を入力し、"Go"ボタンを押し、言われたフレンドコードを追加する。
    • "download movable_part1.sed"のリンクをクリックし、上のPythonの確認から開始する。
  • いいGPUを持っていない
    • このサイトを開き、フレンドコードとID0を入力し、"Go"ボタンを押し、言われたフレンドコードを追加する。
    • "movable_part1.sed"を取得するまで待つ。
    • "Continue"ボタンをクリックし、サーバーにあるマイナーが"movable.sed"をマイニングするまで待つ。
      • 30分立ってもダメだったらID0を確認するなどする。
    • マイニングが終了したら"movable.sed"を取得することができる。

DSiwareインジェクション

必要なもの
  • movable.sed
  • DSiware (xxxxxxxx.bin、買ったDSiwareの.bin)
  • ctcert.bin
  • JPN.zip
DISを使いインジェクションする方法
  1. このサイトを開く
  2. DSiwareをDSiware.binのエリアにアップロードする。
  3. movable.sed, ctcert.binをそれぞれのエリアにアップロードする。
  4. JPN.zipを解凍し、game_jpn.app, public_jpn.savをそれぞれのエリアにアップロードする。
  5. "Start!"をクリックする。
  6. パッチされたものをダウンロードする。
  7. .patchedを削除し、.binで終わるようにする。
パッチされたゲームの再インポート
  1. 3DSの電源を切り、SDカードをPCに入れる
  2. Nintendo 3DS > ID0 > ID1(32文字) > Nintendo DSiWareと進む
  3. DSiware(パッチされた方)をそのフォルダに上書きコピーする。
  4. SDカードを取り外し、3DSに入れ、電源を入れる。
  5. 本体設定を開き、データ管理、DSiwareと進む。
  6. SDカードを開き、パッチされたゲームを選択し、上書きコピーする。
  7. コピーが成功したらホームメニューに戻りゲームを起動する。
    • boot.ndsや白緑のスクリーンが見えたら成功です。
SDカードの準備
用意するもの
方法
  1. 3DSの電源を切り、SDカードをPCに挿入。
  2. Luma3DSの7zからboot.firmをSDカードのルートにコピーする。
  3. boot.3dsx(Homebrew Menu)をSDカードのルートにコピーする。
  4. boot.nds(b9sTool)をSDカードのルートにコピーする。
  5. Boot9strap.zipからboot9strapをSDカードのboot9strapフォルダにコピーする。(フォルダがなかったら作成)
  6. 2.54-0_11.4_OLD.firmまたは 2.54-0_11.4_NEW.firmをboot9strapフォルダにコピーする。
boot9strapのインストール
方法
  1. DSiwareを使いb9sToolを起動する。
  2. "Dump F0F1"を実行する。
  3. "Install boot9strap"を実行し、確認する。(ボタンシーケンスなど画面表示に従う)
  4. "Done!"と出るまで待ち、終わったらb9stoolから抜け、再起動する。
    • 強制終了する必要があるかも知れない。
  5. 3DSを起動し、Luma3DSの設定メニューを呼び出す。
  6. DPadとAボタンを使い、"Show NAND or user string in System Settings"をオンにする。
  7. (Start)を押し再起動する。

 

疲れた。

-3ds
-,

Copyright© 虚無空間 , 2018 All Rights Reserved.