3ds

[新]A9LH導入 その3

投稿日:9月 2, 2016 更新日:

この記事は古い情報を載せています。
最新記事は→こちらから確認できます。

 

その1はこちら。その2はこちら

必要なもの

手順

【1】files9フォルダをパソコン、クラウド上にバックアップをとる。

【2】SDのルートにciasフォルダを作る。

【3】ルートに3dsフォルダがある場合は削除する。

【4】ルートにstarter.zip内のstarterフォルダの中身をコピーする。

【5】ルートにdata_input_v2.zip内のa9lhフォルダをコピーする。

【6】arm9loaderhax.zip内のpayload_stage1.binとpayload_stage2.binを、SDのa9lhフォルダにコピーする。

【7】ルートにSafeA9LHInstaller.zip内のarm9.binとarm11.binをコピーする。

【8】hblauncher_loader.zip内のhblauncher_loader.ciaを、ciasフォルダにコピーする。

【9】Luma3DS Updater.zip内のlumaupdater.ciaを、ciasフォルダにコピーする。

【10】FBI.zip内のFBI.ciaを、ciasフォルダにコピーする。

【11】Nintendo DS Cart Whitelist – v11264.ciaを、ciasフォルダにコピーする。

【12】ルートにLuma3DS.zip内のarm9loaderhax.binをコピーする。

【13】ルートにlumaフォルダを作り、その中にpayloadsフォルダを作る。

【14】Hourglass9.zip内のHourglass9.binを/luma/payloads/にコピーして、start_Hourglass9.binにリネーム。

【15】files9フォルダにaeskeydb.binをコピーする。

【16】3dsフォルダにDspDump.3dsxをコピーする。

【17】sdを3dsに差し込み、http://dukesrg.github.io/2xrsa.html?arm11.binに3dsのブラウザからアクセスする。

【18】セレクトボタンを押してインストール。

【19】電源を切ってOTP.binをパソコンやクラウド上にバックアップする。

【20】SDを入れ、セレクトボタンを押しながら電源をつける。

【21】Luma3DSを読み込んだら、Autoboot SysNAND、Use SysNAND FIRM if booting with R (A9LH)、Show current NAND in System Settings、Show GBA boot screen in patched AGB_FIRMを選択する。New3dsの場合、New 3DS CPU” to “Clock+L2(x)も選択する。

【22】スタートボタンを押すと、”An old unsupported NAND has been detected”と出てくるが、これは正常である。

【23】スタートボタンを押しながら起動し、Hourglass9を読み込む。

【24】SysNAND Backup/Restore…、SysNAND Restore (keep a9lh)と進み、キーを入力した後、NANDmin.binでリストアする。

【25】終了後メインメニューに移動し、セレクトボタンを押してからSDを抜き、パソコンに差し込む。

【26】SDカードの/Nintendo 3DS/(32 Character ID)/(32 Character ID)/extdata/00000000/にある、00000082フォルダを削除する。

【27】もし、 4.0.0~4.5.0の本体でやっていた場合、New 3DS: firmware.bin (*) または、Old 3DS: firmware.bin (*) をダウンロードして、firmware.binをlumaフォルダに入れる。

【28】SDを3dsに差し込んでスタートボタンを押して再起動する。

【29】電源を消してスタートボタンを押しながら起動で、Hourglass9を起動する。

【30】SysNAND Backup/Restoreを押し、Health&Safety Dumpと進み、hs.appという名前で進める。

【31】終了後、Bを押しセレクトボタンを押してSDをパソコンに差し替える。

【32】ダウンロードしたExtract Universal Inject Generator内の、inputフォルダに、files9内のhs.appとダウンロードしたFBI.ciaをコピーし、go.batを実行。(windowsの場合)

【33】files9にFBI_inject_with_banner.appをコピーする。

【34】SDを3dsに差し込みBを押し、SysNAND Backup/RestoreのHealth&Safety Injectに進み、キーを入力した後に、FBI_inject_with_banner.appを選択してAを押す。

【35】スタートを押して再起動をした後、”安全に使用するために”(以下FBI)を起動する。

【36】SD、ciasと進み、FBI.cia、hblauncher_loader.cia、lumaupdater.cia、Nintendo DS Cart Whitelist – v11264.ciaをインストールする。

【37】ホームに戻り、Homebrew Launcherを開き、DSP Dumpを実行してスタートボタンを押す。

【38】スタートボタンを押しながら再起動。SysNAND Backup/Restore、Health&Safety Injectと進み、hs.appを選択。終了後スタートを押す。

以上でA9LHの導入は完了となります。

 

執筆者:

Sponsored Link

-3ds
-, ,


  1. chibuu より:

    [新]A9LH導入 その3 で必要なものの中にemunand9がありますが、手順内には記載がありません。そこが気になります。ご教示いただければ幸いです。

    • straf より:

      古いほうの導入記事より一部コピペした際に消し忘れてしまっていたようです。混乱させてしまい申し訳ありません。
      同じくDecrypt9WIPの消し忘れも確認いたしました。これらの機能はHourglass9に同じ機能が搭載されて不必要となったものです。

      • chibuu より:

        返信ありがとうございます。arm9に興味があり、大変助かります。ありがとうございました。

  2. tomo より:

    selectを押しながら起動しても、safea9lhinstallerが起動してしまいます。
    old2.1.0-4J、SA9LHIのverは2.0.3です。

  3. glanheit より:

    safea9lhInstallerのarm9loaderhax.binとLuma3dsのarm9loaderhax.binは違うものです。
    【12】ルートにLuma3DS.zip内のarm9loaderhax.binをコピーする。
    をしっかり行ったか確認してください。

  4. 不明 より:

    Payload_stage2がどこにもありません、どうしたらいいですか?

  5. glanheit より:

    arm9loaderhaxのリンク先にありますが…
    なぜ古い記事にコメントを…

  6. buruu より:

    11.5.0.38jでも出来ますか?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Loading...



その時その時書こうと思ったものを書いていきます。
yahooブログから始まりFC2を経て今ここです。
皆様の興味がそそる内容は少ないかもしれませんが、よろしくお願いします。