3ds

[2016/10/20日現在最新]arm9loaderhax導入

更新日:

この記事は古い情報を載せています。
最新記事は→こちらから確認できます。

情報元が更新されていたので更新。

前提としてhomebrew起動は出来ているものとします。

情報元[*]
リンク修正しました。

リンク切れ、リンク間違えの場合、報告お願いいたします。

SDが無くても起動できるようになりました!
A9LHアップデート方法

問い合わせより、必須ファイルの同梱版を作ったらどうか、という要望がありました。

同梱版にしてしまうと重要なアップデートが来ても最新版を同梱させるには時間が掛かってしまいます。
もし起動不可になるバグが発見された等であればそれは非常に大変なことです。
ですからそれを防ぐ為に、これからも最新バージョンへのリンク付けで行きたいと思います。
ご了承ください。

目次

上から順番に関係あるものをやって下さい

old3dsを2.1.0にダウングレード

new3dsを9.2.0にダウングレード

new3dsでのNANDバックアップ

old/new3dsでのA9LH導入

old/new3dsの最終セッティング

A9LHアップデート方法

old3dsを2.1.0にダウングレード

必要なもの

【1】ctrtransfer.zipの.binファイルと.bin.shaファイルをSDのfiles9フォルダにコピーする。
【2】何らかの方法でDecrypt9を起動し、"SysNAND Options"の"CTRNAND Transfer"の"Auto CTRNAND Transfer"に移動する。
【3】2.1.0のctrtransferでAボタンを押す。
【4】もしNANDバックアップをまだとっていない場合は、NANDmin.binの名前でバックアップをとる。
【5】終了したらBを押して画面を戻り、セレクトボタンを押してSDを抜く。
【6】SDのfiles9フォルダにある.binファイルと.bin.shaファイルを削除する。
【7】sdカードの/Nintendo 3DS/(32 Character ID)/(32 Character ID)/extdata/00000000/にある、00000082フォルダを削除する。
【8】SDカードを3dsに戻しスタートボタンを押して再起動する。

 

new3dsを9.2.0にダウングレード

この方法が使えるのは10.7.0までの3dsです。11.0.0~は現状HardMODのみ。

必要なもの

【1】sdの3dsフォルダにsysDowngrader.zip内の3dsフォルダをマージする。

【2】既にupdatesフォルダがsdカードにある場合、一度削除し、9.2.0 firmware.zip内のupdatesをコピーする。

【3】homebrewよりsysDowngraderを起動し、downgrade to 9.2.0を押す。

【4】終了後、SDカードの/Nintendo 3DS/(32 Character ID)/(32 Character ID)/extdata/00000000/00000082を削除する。

new3dsでのNANDバックアップ

必要なもの

【1】sdにstarter.zip内のフォルダをマージする。

【2】sdのルートにfiles9フォルダを作成する。

【3】sdの3dsフォルダににDecrypt9WIP.zip内のDecrypt9WIPフォルダをコピーする。

【4】homebrewより、Decrypt9WIPを起動。

【5】SysNAND Options、SysNAND Backup/Restore、NAND Backup (min size)と進みNANDmin.binで保存する。

【6】homebrewよりSafeA9LHInstallerを起動する。

【7】画面に従い、インストールを実行する。

old/new3dsでのA9LH導入

必要なもの

【1】SDのルートにciasフォルダを作る。

【2】ルートに3dsフォルダがある場合は削除する。

【3】ルートにstarter.zip内のstarterフォルダの中身をコピーする。

【4】ルートにSafeA9LHInstaller.zipの中身をコピーする。

【5】ルートにdata_input_v3.zip内のa9lhフォルダをコピーする。

【6】arm9loaderhax.zip内の中身を、sdのa9lhフォルダにコピーする。

【7】hblauncher_loader.zip内のhblauncher_loader.ciaを、ciasフォルダにコピーする。

【8】Luma3DS Updater.zip内のlumaupdater.ciaを、ciasフォルダにコピーする。

【9】FBI.zip内のFBI.ciaを、ciasフォルダにコピーする。

【10】ルートにLuma3DS.zip内のarm9loaderhax.binをコピーする。

【11】ルートにlumaフォルダを作り、その中にpayloadsフォルダを作る。

【12】Hourglass9.zip内のHourglass9.binを/luma/payloads/にコピーして、start_Hourglass9.binにリネーム。

【13】files9フォルダにaeskeydb.binをコピーする。

【14】3dsフォルダにDspDump.3dsxをコピーする。

【15】fbi-2.4.2-injectable.zipの中身を、sdのfiles9フォルダにコピーする。

【16】sdカードの/Nintendo 3DS/(32 Character ID)/(32 Character ID)/extdata/00000000/にある、00000082フォルダを削除する。

【17】SDカードを3dsに差し込み、

  • old3dsの場合、http://dukesrg.github.io/2xrsa.html?arm11.binにブラウザから行き、画面に従いセレクトボタンを押す。
  • new3dsに場合、homebrewを起動し、SafeA9LHINstallerを起動し、画面の指示に従いセレクトボタンを押す。

【18】セレクトボタンを押しながら再起動する。

【19】Luma3DSを読み込んだら、Autoboot SysNAND、Use SysNAND FIRM if booting with R (A9LH)、"Show NAND or user string in System Settings"、Show GBA boot screen in patched AGB_FIRMを選択する。New3dsの場合、New 3DS CPU" to "Clock+L2(x)も選択する。

【20】スタートボタンを押し保存し、再起動する。

【21】本体設定を起動し、本体をアップデートする。

old/new3dsの最終セッティング

【1】スタートボタンを押しながら起動して、Hourglass9を起動する。

【2】SysNAND Backup/Restoreを押し、Health&Safety Dumpと進み、hs.appという名前で進める。

【3】Bを押してHealth&Safety Injectを選択する。

【4】.appを聞かれるので本体のリージョン(japan)を選択する。

【5】Aを押し、終了したらスタートボタンを押して再起動する。

【6】スタートを押して再起動をした後、"安全に使用するために"を起動する。

【7】SD、ciasと進み、FBI.cia、hblauncher_loader.cia、lumaupdater.ciaをインストールする。

【8】ホームに戻り、Homebrew Launcherを開き、DSP Dumpを実行してスタートボタンを押す。

【9】スタートボタンを押しながら再起動。SysNAND Backup/Restore、Health&Safety Injectと進み、hs.appを選択。終了後スタートを押す。

 

以上でA9LHの導入は完了となります。

今後SDがないと3dsが起動できないので気を付けてください。
A9LHアップデート方法

お疲れ様でした。

[追記]
アクセスキーワードをなんとなく見たところ、A9LH導入作業終了後、"安全に使用するために"のアイコンが戻らないということに関してアクセスしている方がいました。

暫定的な方法として、/Nintendo 3DS/(32 Character ID)/(32 Character ID)/extdata/00000000/にある、00000082フォルダの削除が有効なようなので、試してみるといいかもしれません。

-3ds
-, ,

Copyright© 虚無空間 , 2018 All Rights Reserved.