3ds

A9LH導入 その4

投稿日:8月 4, 2016 更新日:

この記事は古い情報を載せています。
最新記事は→こちらから確認できます。

A9LH導入ラストです。まだの方は過去記事参照。

このページで必要なもの

【1】SDカード内のemergency_SecureInfo_A、emergency_movable.sed、emergency_title.db、emergency_ticket.db、NCSD_header_[o/n]3ds.bin、firm0firm1.xorpadをPC等の安全な場所にバックアップする。

【2】emergency_SecureInfo_A、emergency_movable.sed、emergency_title.db、emergency_ticket.db、NCSD_header_[o/n]3ds.bin、firm0firm1.xorpadをSD上から削除する。

【3】 emuNAND9フォルダをSDのルートから削除する。

【4】data_input_v2.zip内のa9lhフォルダをSDのルートにコピーする。

【5】 arm9loaderhax.zip内のpayload_stage1.bin、payload_stage2.binをSDのa9lhフォルダにコピーする。

【6】SafeA9LHInstaller.zip内のarm9.bin、arm11.bin、hblauncher_loader.zip内のhblauncher_loader.cia、Luma3DS Updater.zip内のlumaupdate.cia、FBI.zipのFBI.ciaをSDのルートにコピーする。

【7】 Luma3DS.zip内のarm9loaderhax.binとlumaフォルダをsdのルートにコピーする。

【8】Hourglass9.zip内のHourglass9.binを/luma/payloads/にコピーし、start_Hourglass9.binにリネームする。

【9】EmuNAND9.zip内のEmuNAND9.binを/luma/payloads/にコピーし、y_EmuNAND9.binにリネームする。

【10】Decrypt9WIP.binを/luma/payloads/にコピーし、x_Decrypt9WIP.binにリネームする。

【11】aeskeydbをSDのルートにコピーする。

【12】DspDump.3dsxを3dsフォルダにコピーする。

【13】 emuNAND_original.binとemuNAND_original.bin.shaをSDのルートにコピーする。

【14】SDカードを3dsに刺して、http://dukesrg.github.io/2xrsa.html?arm11.binへブラウザからアクセスする。

【15】フルインストールを選択する。

【16】終了後、SDのa9lhフォルダにOTP.binがあるのでパソコンにバックアップする。

【17】セレクトボタンを押しながら3dsを起動する。

【18】”Autoboot SysNAND”、”SysNAND is updated”、”Force A9LH detection”、”Show current NAND in System Settings”、”Show GBA boot screen in patched AGB_FIRM”をオンにする。New3dsの場合は、”New 3DS CPU” to “Clock+L2(x)”も選択する。

【19】スタートを押して保存する。(ブラックスクリーンは正常です)

【20】スタートボタンを押しながら3dsを起動する。

【21】SysNAND Backup/Restore…、SysNAND Restoreと進み、emuNAND_original.binをリストアする。

【22】終了後、セレクトボタンを押してから、SDを抜きパソコンに差し込む。

【23】SDからemuNAND_original.bin、emuNAND_original.bin.shaを削除する。(この後、SDをフォーマットするのでバックアップ推薦)

【24】SDを3dsに差し込んだ後、Yボタンを押しながら3dsを再起動する。

【25】SD Format Options、Format SD…、と進みFormat SD (No EmuNAND)を選択する。

【26】終了後セレクトを押してSDを取り出し、バックアップしたデータをSDにコピーする。

【27】SDを3dsに差し込んだ後、EmuNAND Manager Optionsを進み、sysNANDをsysNAND.binの名前でバックアップ。

【28】セレクトを押してSDを抜き、パソコンに差し込む。

【29】sysNAND.binをsysNAND-A9LHAX.binとして、sysNAND.bin.shaをsysNAND-A9LHAX.bin.shaとして、パソコンにバックアップ。

【30】sysNAND-A9LHAX.bin、sysNAND-A9LHAX.bin.shaをSDカードから削除する。

【31】SDを3dsに差し込み、スタートを押して再起動。

【32】FBIを起動して、hblauncher_loader.cia、lumaupdate.ciaをインストール。

【33】homebrewがメニューにあるので、それを開き、DSP Dumpを選択。

【34】スタートボタンを押して終了する。

【35】スタートボタンを押しながら3dsを再起動する。

【36】SysNAND Backup/Restoreを進み、Health&Safety Injectを選択する。

【37】hs.appを選択してAボタンで実行。

【38】終了後スタートボタンで再起動する。

以上でA9LHの導入は終わりです。

因みに、SDカードの中に無ければいけないものは、lumaフォルダ、aeskeydb.bin、arm9loaderhax.bin、hblauncherloader_otherapp_payload_xxx-xx-x-x-xx-JPNです。(3dsフォルダ、Nintendo 3DSフォルダ、boot.3dsxも実際必要ですが…)

今後SDがないと3dsが起動できないので気を付けてください。

お疲れ様でした。

Sponsored Link

-3ds
-, ,

執筆者:


  1. aaa より:

    verを上げたら本体のデータが飛びました。
    直す方法はありますか?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Loading...



その時その時書こうと思ったものを書いていきます。
yahooブログから始まりFC2を経て今ここです。
皆様の興味がそそる内容は少ないかもしれませんが、よろしくお願いします。