3ds

Checkpoint 3.0.0 リリース

更新日:

3dsのセーブデータマネージャーである、Checkpoint 3.0.0がリリースされました。

ダウンロード

更新内容

  • 〈修正〉SDカードに保存時、0x100000バイトを超えるバックアップが破損していたという重大なバグが修正されました。
    幸いなことに殆どのゲームのセーブデータはこれよりも小さいサイズを利用していますが、このバグによりゲームの進歩を失った方は本当に申し訳ありません。
    この問題の恐れのあるバックアップは全て消し、このビルドで再度バックアップを取ることを強くお勧めします。
  • 〈修正〉Extdataのバックアップとリストアが動くようになりました。
  • 〈修正〉Checkpointを起動している時にフラッシュカートを利用しても、フラッシュカートに問題が起こらなくなりました。
  • 〈修正〉キャッシュを取ることにより、ロード時間が50%削減されました。
    Checkpointはローカルキャッシュを利用して、より高速に読み込まれます。タイトルのインストール/削除、カートリッジの挿入/排出時にキャッシュが再生成されます。何が起こっているか理解するには、ここでメカニズムを見ることができます。
  • 〈追加〉プログレスバーの追加。この方法で全てのファイルのバックアップやリストア時に進歩状況を見ることができるようになります。
  • 〈追加〉バックアップを削除する機能の追加。タイトル入力時にXを押すことで、エントリを削除します。
  • 〈修正〉デバイスにタイトルが100以上インストールされていても、クラッシュすることはなくなりました。
  • 〈追加〉カスタムスプラッシュロゴの追加。
  • 〈修正〉バックアップフォルダにISO 8601の日付形式を利用しています。これによって、最新のものから古い方へセーブの追跡が簡単になります。
  • 〈追加〉新しいインターフェイスはタイトルの製品コードを表示します。これによって、複数の地域の同じゲームがインストールされている時に、扱おうとしているゲームがどの地域であるか知ることができます。
  • 〈修正〉これから、同じタイトルIDを共有しているゲームをバックアップするたびに、バックアップリストはリフレッシュされます。
    つまり、カートリッジからセーブを抽出し、同じCheckpointセッションでデジタルコピーに注入することができます。
  • 〈追加〉バックアップやリストアの保存時に確認します。
  • 〈拡張〉ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、Checkpointの全体的な安定性や、その以外のマイナーな調整が改善されました。

 

-3ds
-,

Copyright© 虚無空間 , 2018 All Rights Reserved.