Vita

HENkakuがh-encoreとして3.65-3.68に対応

更新日:

以前からHENkakuが3.65-3.68に対応すると言われていましたが、本日の19時に予定通りに、h-encoreとして公開されました。

なお、HENkaku Ensoの対応は3.65までであり、それ以降は再起動のたびにアプリを起動する必要があります。

情報元[*]

インストール方法

※現在は上級者ユーザー向けのみとなっていますが、そのうち簡易インストーラーが作成されてより手順が楽になると思われます。

簡略化された手順を記載しました

 

  1. qcmapsvimgtoolspkg2zipをダウンロードしてインストールします。
    因みに、qcmaはオープンソースコンテンツ管理アシスタントですが、公式のコンテンツ管理アシストがインストールされている場合は削除してから利用してください。
  2. エントリーポイントとして利用する、bitter smileをダウンロードする。
  3. h-encoreをダウンロードし、展開しておく。
  4. コマンドで”pkg2zip -x [bitter smileのファイルパス]”と実行する。
    実行するとapp/PCSG90096として展開される。
  5. h-encore/app/ux0_temp_game_PCSG90096_app_PCSG90096にapp/PCSG90096のコンテンツをコピーする。(eboot.binとVITA_PATH.TXTも同じフォルダに存在する)
  6. h-encore/license/ux0_temp_game_PCSG90096_license_app_PCSG90096に、ライセンスファイルapp/PCSG90096/sce_sys/package/temp.binをコピーし、temp.binを6488b73b912a753a492e2714e9b38bc7.rifとリネームする。
  7. qcmaを起動し、設定のUse this version for updatesをFW 0.00 (Always up-to-date)に設定する。
  8. Vitaのコンテンツ管理を起動しパソコンと接続すると、PS Vita/APP/xxxxxxxxxxxxxxxxというフォルダが作成されるので、ここにアクセスしてxに当たる16桁の文字列を入力して、64文字のキーを取得する。
  9. コマンドラインでh-encoreフォルダの場所へ移動し、以下のコマンドで暗号化する。
    psvimg-create -n app -K [64文字のキー] app PCSG90096/app
    psvimg-create -n appmeta [64文字のキー] appmeta PCSG90096/appmeta
    psvimg-create -n license -K [64文字のキー] license PCSG90096/license
    psvimg-create -n savedata -K [64文字のキー] savedata PCSG90096/savedata
  10. h-encore/PCSG90096のフォルダをPS Vita/APP/xxxxxxxxxxxxxxxx/PCSG90096にコピーし、Qcamの設定でデータベースを再構築する。
  11. 243MBのh-encoreバブルがコンテンツ管理に表示されたらVitaにコピーする。
    もしファイルサイズが違うか、C2-12858-4エラーが出た場合は手順を確認する。
  12. h-encoreを起動する(トロフィーに関するメッセージが出たら「はい」を選ぶ)。画面が白く光ってから紫になり、最後にh-encore bootstrap menuというメニューが開くので、そこからVitaShellとHENkakuをインストールする。

トロフィのエラー

この方法で利用したセーブデータは、アカウントに関連付けられていないために、h-encoreを起動するときにトロフィの警告メッセージがでます。
これは以下の方法で消すことが出来ます。

  1. 設定アプリのHENkaku SettingsでUnsafe Homebrews有効にして、VitaShellにフルアクセス許可を与える。
  2. VitaShellを起動し、 ux0:user/00/savedata/に移動する。
  3. PCSG90096フォルダで三角ボタンを押し、PCSG90096をOpen decryptedする。
  4. system.datをコピーし、 ux0:user/00/savedata/PCSG90096フォルダを削除します。
  5. VitaShellを閉じてh-encoreを起動する(保存されたデータを削除したため、exploitは発動しません)。
  6. 最初の画面が表示されたらゲームを終了し、VitaShellに戻る。
  7. ux0:user/00/savedataにPCSG90096フォルダが再生成しているはずなので、system.datをux0:user/00/savedata/PCSG90096/system.datコピーする。
    このときPCSG90096をOpen decryptedする必要がある。
  8. 再度h-encoreを起動すると、トロフィーの警告が表示されなくなり、exploitをより早く発動できるようになる。

現在PSVita充電中のためとりあえず記事だけ作成しました。

細かい部分で間違えていた場合は後ほど修正しますが、コメントでの指摘も歓迎しますのでよろしくお願いいたします。

 

-Vita
-,

Copyright© 虚無空間 , 2018 All Rights Reserved.