Switch

Nintendo Switch スペックまとめ

投稿日:

Nintendo Switchのスペックが知らない間に公式発表されたので、まとめます。

まず、外観の面から。

任天堂公式ホームページより引用

タッチパネルは6.2インチで、iPad miniくらいです。

次にスペックです。表にまとめました。(リスト内容は任天堂ホームページと4gamer.net、NeoGAP、iFixitから一部引用)

サイズ縦102mm×横239mmx厚さ13.9mm(Joy-Con取り付け時※)
※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4mm
重さ約297g
(Joy-Con取り付け時:約398g)
タッチパネルジャパンディスプレイ製(?)LPM062M326A 静電容量方式タッチスクリーン/6.2インチ液晶/1280×720ピクセル
SoCCPU,GPU内蔵 NVIDIA Tegra X1

【CPUコア】NVIDIA Tegra T210(ARM Cortex-A57コアx4、Cortex-A53コアx4)

【GPUコア】GM20B Maxwellコア

内蔵システムメモリSamsung K4F6E304HB-MGCH  LPDDR4 mobile DRAM 合計4GB
内蔵フラッシュメモリ東芝 eMMC NANDフラッシュメモリー 32GB (システム領域除く)
ネットワーク機能Broadcom BCM4356【無線LAN MIMO対応 (IEEE802.11 b/g/n/a/ac)、Bluetooth 4.1(Joy-Con用)】

有線LAN(別売りのUSB LANアダプターでTVモード時のみ可能)

映像出力最大 1920×1080ピクセル、60fps、フルHD(TVモード時のみ、HDMI、Megachips STDP2550 モビリティ HDMIコンバータ)

※フルHDのみ対応、その他画質(720pなど)には非対応

音声出力Realtek ALC5639チップ内蔵オーディオコーデック

・リニアPCM 5.1ch(TVモード時のみ、サラウンドはテレビの設定が必要)

内蔵スピーカーステレオ 2ch
内蔵ボタン電源、音量ボタン
USBポートPericom Semiconductor PI3USB30532 (USB 3.0/DP1.2対応マトリックススイッチ)

【充電ポート】

USB3.1 Type-C (本体充電やドック接続時に使用)

※Type-Cは、MacBookに搭載されているUSB 3.1のポートです。

MacBook向けケーブルを購入すればUSB経由で充電できます

【汎用ポート(有線LANアダプターなどの接続用)】

USB2.0 Type-A端子x2(左側面)

USB3.0 Type-A端子x1(背面、VIA Labs VL210 USB 3.0ハブコントローラ)

ヘッドセット端子ステレオ 2ch
ゲームカードスロットSwitch専用カードスロット
NFCリーダー(Joy-Con)STMicroElectronics NFCBEA 812006 33
microSDカードスロットmicroSD,microSDHC,microSDXC規格に対応(UHSはClass 10扱い、microSDXCは本体更新が必要)
内蔵センサーモーションセンサー(加速度、ジャイロ)、輝度センサー
動作環境温度:5~35℃/湿度:20~80%(結露しないこと)
電源Maxim Integrated MAX77620AEWJ+T 3相降圧レギュレータ
内蔵バッテリLi-ionバッテリー 3.7V 4310mAh 16Wh(バッテリ交換は有償修理が必要です)

持続時間最低2.5時間、最大6.5時間

所要充電時間約3時間(スリープ時。使用状況、バッテリ残量や入力電圧、温度によって変化)

排気ファンDelta製ファンユニット

・パッシブクーラー(ヒートシンク)

・DCブラシレスファンx2

以上、スペックを表にまとめました。

さて、この中で気になるのが、USB3.1ポートです。

「そんな規格あったのか!」って言うと、あったんですね。

Type-C USB3.1の仕様とは

Type-C USB3.1規格は、逆さでも挿せるのが特徴です。そのため、挿し間違いがありません。

2014年8月に非営利団体のUSB Implementers Forumが最終仕様を策定しました。それから1年後に世界で初めて、アップルのMacBookが標準でType-Cポートを搭載しています。

Wikipediaより

また、Type-CコネクタはLightingケーブルのように接続端子が多く、一本のケーブルで複数の信号を出力できます。実際、SwitchではType-Cコネクタを通じて、充電と映像搬送を同時に行っています。

SwitchのSoCの謎

Switchのプロセッサ関連の情報は公式で公表されていないほか、あまり情報も出回っていません。

その中、なんでも機器を分解しレポートする「iFixit」が、Switch発売後早速分解してスペックを明かしました。

iFixitによれば、SoCに組み込まれているCPUが NVIDIA Tegra T210プロセッサではないかという見解を示したのです。

確かに、他のサイトで似たような見解を持つ記事で、コア比較の写真があるのですが、T210とSoC内蔵のCPUのコアが99.9%一致しているのです。

まぁ、こんな感じですね。

 

 

執筆者:

Sponsored Link

-Switch
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Loading...