レビュー

N64等の古いゲーム機を遊ぶ場合に必要なものまとめ

投稿日:3月 20, 2017 更新日:

最近の子供ならやったことないのでは、、と思うゲーム機にファミコンやN64、ゲームキューブがあります。
近年のゲームの風潮はスマホゲーとなり、それは確かに空いた時間で手軽にできる点ではいいのかもしれないのですが、正直面白くありません。
しかし、据え置きゲームですとオンラインだったり、どれも似たり寄ったりの傾向にある気がします。

個人的には任天堂のゲームは一見変わったものが多い印象なので頑張って欲しいところです。(switch買ってませんが…)

例えば残念に思うことに、ボンバーマンシリーズがあります。
DS等で見ることができるボンバーマンといえば、十字の爆風を相手に当てるゲームですが、N64では爆ボンバーマン2というゲームが有りました。
このゲームのストーリーモードは今やっても楽しめると思います。と言うか、ついこの前やりなおしたのですが非常に楽しめました。
正直このボンバーマンを知ってしまうと、他のボンバーマンは劣って見えると思います。

さて、そういう古いゲームですが、一つだけ残念な点があります。
それは、HDMIに対応していないということです。それらの本体の出力は、RCA端子(俗に言う赤白黄の三色ケーブル)または映像がS端子であり、最近のディスプレイでは使用することができません。

さて、前置きが長くなりましたが、私が今回N64をやるにあたって購入したものを多少の説明も混ぜつつ紹介したいと思います。

本題

まず、使用しているディスプレイ(テレビ)で用いる事ができる入力端子を知る必要があります。
恐らくここを見ている人のディスプレイには三色ケーブルやS端子はないと思います。(あったらそもそも見る必要ありませんし…)

まず、HDMI端子しかない場合です。

今回私は見送らせて頂いたのですが、有名な商品にFRAMEMEISTERなるものが存在します。
こちらは、ゲーム用のアップスケーラユニットであり、様々なアナログ映像をデジタルに変換できます。
また、その時の遅延フレーム数は0.1未満とうたっております。

ただ一つ、残念な点がありまして、非常に高いです。

それなら他のものを買えばいいのでは、という人もいるかと思います。
しかし、安い商品ですと、解像度が選択できず、横に引き伸ばされた画面になってしまう。(最近のディスプレイは16:9であり、古いゲームは4:3であるため)
また、遅延がひどく楽しめたものじゃない、ということにもなるのでおすすめできません。(他にもいい商品はあると思いますが、とてもリスキーです)

では次に、ディスプレイにVGA端子がある場合です。
VGA端子と聞いてもピンとこない人もいるかと思います。Dのような形をしている青い端子です。

こちらがあれば私も試したので安心していただけると思います。

まず、これを使うにあたって必要な商品の一つ目は

こちらのビデオコンバーターです。
この商品は出力時の画面サイズを変えることができるので、枠をつけて4:3表示などもできます。

この紹介時に言うのもどうかと思いますが、私がこの商品を買ったときにプラグがBF型のACアダプタがついてきたのですが、実際はUSBケーブルなのでその場合はサポートに問い合わせてください。
返信も早く、しっかりとしたサポートをしてもらえたので、万が一違う商品が届いても安心してください。

次に、音声ケーブル(赤白ケーブル)をステレオミニジャックに変えるための

こちらの商品が必要になります。このオス端子をマイク等に使う入力端子に差し込めば使えるようになります。

また、こちらは必須ではないのですが、下のケーブル(S端子ケーブル)を使えば、黄色端子に比べ映像の質が良くなります。

この2点(3点)を用いることによってVGA端子を搭載しているディスプレイであれば、遅延を殆ど感じることなく古いゲームを楽しむことができます。

良きレトロゲーライフを送ってくださいな!

執筆者:

Sponsored Link

-レビュー


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Loading...



その時その時書こうと思ったものを書いていきます。
yahooブログから始まりFC2を経て今ここです。
皆様の興味がそそる内容は少ないかもしれませんが、よろしくお願いします。