3ds

Gateway3dsをA9LH導入済みの本体で使う方法

更新日:

この方法は11.2までの本体で動作します。それ以降は現状(3/8)不可です。これはlauncherが対応していないからであり、対応した場合は可能です。

A9LHを導入してからというもの、恐らくGateway3ds等の所謂"そういう系のやつ"の需要は著しく減りました。

しかし、A9LHを導入したからと言って、ゲーム自体の容量は結構取るわ、インストールに時間はかかるわ、変換はDecrypt9で直接ciaに出来るようになったといっても、手間がかかります。

つまり、所謂"そういう系のやつ"はまだ使い道はあるのです。
(大体、EXFLASHさんの受け売り)

しかしながら、Gateway3dsはemuNANDが直接起動できるようになるA9LHは作ったのにもかかわらず、luma3dsで使えませんでした。
(GBATempさんなどで起動方法等が載ってましたが、私は起動できませんでした。)

今回、とあるブログのコメントから、起動できる方法を拾ったので勝手に紹介したいと思います。

やり方

【1】EZ-FLASHさんに感謝しながらEZ-FLASHの公式サイトより、Launcher 1.0をダウンロードする。
(今後、対策等で使えなくなる可能性があります。その時でもGateway3dsの更新がなく使用不可であれば、Launcher v1.0を共有します。)

【2】Gateway3dsの公式サイトより、Launcherをダウンロードする。

【3】GW.zip内のLauncher.datをSDのrootに配置する。

【4】EZR_Launcher.zip内のluma/payloads/にあるdown_ezr.binを、SDのluma/payloads/にコピーする。
(downの文字を他の文字に置き換えることにより、そのキーで起動できるようになります。)

【5】指定しているキーを押しながら3dsを起動する。

以上でGatewayモードが読み込めます。

 

いやはや、Gateway3dsのほうで正式対応して貰いたいものです。。

 

-3ds
-

Copyright© 虚無空間 , 2018 All Rights Reserved.